強制退会の原因となるものは?

クレジットカードを普通に利用していれば、まず遭遇することはない「強制退会」。 しかし、クレジットカードを利用する以上、必ず知っておくべきことですので、ここでしっかり確認しておきましょう。

支払いを何度も滞らせる

当然と言えば当然ですが、何度も支払いを滞らせてしまうと強制退会となる可能性が高いです。 クレジットカードの支払いを延滞するということは、立て替えてもらったお金を約束の日に返済しないことですので、一般論として非常識な行為となります。

その結果、相手側にそっぽを向かれても何も文句を言えないと同様に、強制退会をさせられても、しかたありませんよね。 したがって、既に何度も滞納をしてしまっている方は、今後も利用していきたいのであれば、細心の注意を払って、しっかりと支払っていくようにしましょう。

悪質な規約違反があった場合

こちらも当然と言えば当然で、明らかに悪質な規約違反があった場合は強制退会になる可能性が高いと言えます。 規約は、入会時に必ず熟読するものであり、申込を行ってカードを手に入れたということは、その規約に同意したということと同じ意味になります。 その同意した内容を破って利用したわけですから、当然、強制退会の対象となるわけです。

同意という言葉は、いわば「約束」とも言い換えられることができ、その約束を堂々と破るわけですから、対象となることは容易に想像がつくかと思います。 では、どのようなものが規約違反になるのか?
以下より代表例を紹介していきたいと思います。

クレジットカードの現金化

最近、話題を集めているクレジットカードのショッピング枠を使った現金化です。 これは、明確な規約違反となるため、強制退会の対象となります。 もちろん、意図しない現金化というものがどうしてもあります。 例えば、購入した商品をクーリングオフして返品して返金してもらったという状態。 このようなこともあるため、通常に利用している分には特に問題ありません。 ここでいう現金化は、あくまであからさまな行為だということになります。

本人以外の利用

基本的にクレジットカードは申込をした本人にしか利用することができません。 審査も、これを前提にしているため、当然の流れと言えるでしょう。 それを他の人に譲って利用させるわけですから、重大な規約違反になることも言うまでもありません。
中には、複数人で1枚のクレジットカードを使いまわすケースもあるそうです。

身近なところであれば、お子様が勝手に利用してしまうというケース。 この場合は、不可抗力の部分もあるため、強制退会ということにはなりにくいですが、あまりにも頻繁に発生してしまうと、対象になりかねないので注意をしましょう。