クレカで少額決済は恥ずかしい?

日本は昔から現金主義です。クレジットカードの利用頻度や利用額は徐々に増えてきてはいますが、まだまだクレジットカード社会と言えるほどには利用されていないのが現状です。 特に少額の支払いをクレジットカードで行うことが「恥ずかしい」と感じてしまう方もいらっしゃるほど。
何となく使いにくい雰囲気となっていることもあり「少額の支払いでクレジットカードを使ったら嫌がられないかな?」と疑問に感じてしまうわけです。 ここからは、その少額の支払いに関してのお話を以下よりしていきます。

結論は「全く問題ない」

結論から言えば、少額支払いでクレジットカードを利用することは何ら問題ありません。 極端なことを言えば、1円の支払いでもクレジットカードの利用ができます。 ただし、あまりにも小さな金額だった場合は、お店側から断りが入る場合もあります。 お店側もクレジットカード会社へ加盟し「手数料」を支払っている身なので、あまりも少額だと利益を上げにくくなってしまうからです。 ちなみに、今ではコンビニエンスストアでもクレジットカードで支払う光景を多く見るようになってきたため、カード社会というのも根付いてきているのかもしれません。

むしろ喜ばしい場合も

場合によっては、お店側から「ありがたい」と感じられることもあります。 少額支払いの場合も含め、現金の支払いというのは、細かい金額だったとすると、支払うときも釣り銭を出すときも時間がかかってしまいます。 オフィス街にあるコンビニエンスストアのお昼ともなると戦場です。 お客さんの人数が少ないときには気にはならないのですが、このような戦場となっている状況で手間取ってしまうと、お店側は利益が減り、お客さんは並んでいる方からのプレッシャーを受け、険悪なムードにもなりかねません。 こういったときに、クレジットカードのようにサクッと支払えるアイテムは非常に嬉しいのです。

抵抗があれば「電子マネー」を利用

それでも「やはり少額支払いのときクレジットカードの利用に気が引けてしまう」というのであれば、電子マネーをオススメします。 詳しくは後述しますが、間接的にクレジットカードで支払っていることと同じことになるからです。 そもそも、電子マネーの存在意義は、このようなちょっとした買い物をストレスフリーで行うことができるというところにあります。

クレジットカードに搭載した電子マネーを利用

ただ単純に電子マネーを利用しただけでは芸がありません。では、どうするのか?
答えは、電子マネーも搭載したクレジットカードを利用するということです。 今では一体型は流行りの形となっており、財布の中やカード入れをパンパンにしないように工夫されています。 さらに、電子マネーのWAONを搭載したイオンカードセレクトのようにWAONへオートチャージし、さらにはチャージした分(支払った分)のクレジットカードポイントも貯めることができます。 効率よくポイントまでも貯められるので、イオンカードセレクトのような一石二鳥以上のメリットを得られるクレジットカードを探すことをオススメします。